テクノロジーで『紙』の新たな価値をつくる​

Asura® はさまざまな生成方法で生成された入稿 PDF データを
正確かつ高速に自動処理し、
印刷時にエラーのない安定したプロダクションを支援します。
印刷工程において、再プリントなどの発生リスクを
最小限にすることで、
生産性・利益性の高いプロダクションを実現します。
Asura® はプリプレスにおける印刷ファイルの品質管理と
PDF ファイルの最適化を行うソリューションです。

Asuraの
5つのポイント

ポイント
プリプレス業務の最適化
プリプレス工程における印刷ファイルの品質管理と PDF ファイルの最適化を行います。その他、エラー検知やデータ修正の効率的、合理的な運用を支援します。
ポイント
自動化された印刷ファイルの品質管理
印刷ファイルを自動でプリフライト検査を行うことで、印刷ミスの無いデータ品質を実現します。
ポイント
処理の自動化
透明効果処理、ブリードの延長やマスクの生成など手間のかかる作業を自動化し、時間を節約します。
ポイント
コスト削減
印刷ミスの低減により、印刷する素材や刷り直しなど、無駄なコストの発生を防止します。
ポイント
統合システム
ブラウザベースの簡単な操作により、総合的にジョブを一括管理できます。
ポイント
自動化された印刷ファイルの品質管理
印刷ファイルを自動でプリフライト検査を行うことで、印刷ミスの無いデータ品質を実現します。

プリプレスを最適化する事によるメリット

処理の自動化
手間のかかる作業を自動化することにより、高い生産性を可能にします。
高品質
印刷に最適化されたファイルは、出力ミスや刷り直し、印刷時の問題を防止します。
時間の節約
複数のジョブをまとめて一度に処理することで、時間を節約し、設備稼働率が向上します。
コスト削減
設備稼働率の向上と印刷ミスの低減により、リソースの無駄なコストの発生を防止します。
コスト削減
設備稼働率の向上と印刷ミスの低減により、リソースの無駄なコストの発生を防止します。
高コスト&低利益体質のプリプレスを自動化することで、
より簡単に、より早く、よりリスクを少なくし、そしてより収益性を高めることが可能になります。

WorkSpaceインターフェイス

直感的に使用できるインターフェイスにより、ワークフローを簡単かつ迅速に設定できます。ジョブ処理は、リアルタイムで追跡することが可能です。

プリプレスの自動処理
生産プロセスを中断させコストの元となる印刷データの問題を検出することは、クリアすべき課題の1つです。OneVisionの技術は、それらの問題を検出し、可能な限り自動修正します。また、カラーマネージメント、透明効果やPDFバージョンによる正規化の処理など、ISO標準のPDFファイルを出力することで、他のソフトウエアや出力機器との互換性の問題も解決します。

WorkSpace設定例

印刷データ & WEB用データを同時に作成

入稿ファイルに対して、CMYK印刷用データとRGB WEB用データを同時に処理し作成します
解像度(印刷の場合は高く、ウェブの場合は低い)、カラープロファイル、およびその他の設定などは、各環境基準に従って調整されます。
2種のデータは「ファイル名の変更」も自動で行い、1つのフォルダにデータを保存します。

透明効果ファイルの最適化

ドキュメント中の透明効果など、印刷時に問題となりえる要素を分割統合し、ドキュメントを平滑化できます。これにより、例えば⻑時間のRIP処理による作業の中断など、印刷時の問題を未然防⽌することが可能です。

4Dカラーマネジメント

印刷品質の大幅な向上

4Dのカラーマネージメント技術は、オフセット印刷やデジタル印刷、さらには商業印刷や新聞印刷における標準カラープロファイルのスムーズな統合を可能にします。 Asuraは、画像だけでなく複雑な制作ファイルにも、エンドツーエンドの4Dカラーサーバーとして使用できます。

透明効果処理

PDFファイルから透明効果部分を検出し、Asura独自の加工処理を施すことで、透明部分がファイルから削除されます。 透明効果を統合することによって、ファイルは元の表現を変えることなく印刷用に最適化されます。
サーバーとして使用できます。

自動ホワイトマスク加工

抜き型やレーザーカッターの設定、白マスクやニス加工マスク、ブリードの延長など、自動処理が可能です。

インテリジェントブリードエクステンション

抜き型やレーザーカッターの設定、白マスクやニス加工マスク、ブリードの延長など、自動処理が可能です。

ブリード(塗り足し)の自動作成

入稿されたデータに塗り足し設定がされていない場合、塗り足しが必要とされる画像や図形の引き伸ばし箇所を検出し自動で塗り足しを作成します。

プリフライトリポート

130を超えるさまざまなエラーを自動的に検出しファイルの問題を視覚的に確認できます。
プリフライト結果はワークフローの改善に使用されます。

Prompt PDF

ドキュメントに含まれる複雑なグラフィック要素を画像化し、モバイルデバイスなどで表示しやすいPDFを⽣成することができます。出⼒には、画像解像度と圧縮形式が設定可能です。これにより、例えば印刷用に作成された複雑なグラフィックのパスを持つドキュメントなど、画⾯表示に時間がかかるドキュメントの構造を平滑化し、表示にかかる時間を短縮できます。

カットスプレッド

ドキュメントを指定されたページ数の指定された複数のドキュメントファイルに分割します。

ファイルの差異を比較する

ネスティング(WIDE FORMAT AUTOMATION SUITE)

素材を最大限使用できるよう複雑な形状を自動配置し、カットラインを抽出してPDFファイルを自動生成します。
印刷素材の無駄を最小限に抑えます。

PiugCROPin

PlugCROPinの機能は ドキュメント内にあるトンボを自動的に検出し、必要な場合は除去します。
PlugCROPinは InDesign, Photoshop, and QuarkXPressなどの最も使われているアプリケーションで生成されたトンボを検出することができます。 ツールの機能を拡張し、他のトンボを見つけることも可能です。

Inksave

画像品質に影響を与えず、CMYインクの割合を軽減します。インクの消費量を抑えることで、インクコストの節約、乾燥時間の短縮や後加工へのリードタイム保持が可能になります。

事例

医療機器メーカーでの製品マニュアル制作フローの改善。
ユーザー重視を徹底し、マニュアル制作のあるべき姿を追求し続けるため、自社内に全ての環境を整備するプロジェクトを発足させた。

導入前の課題

  • 下請法遵守のための納期確保が必要
  • 外注先にノウハウを持たれ、作業や価格設定がブラックボックス化
  • 年々高騰する人件費と有能な人材不足
  • 外注先の機器・仕様・能力に合わせた入稿体制


導入後の効果
  • 多オーダーを効率良く処理、利益性向上
  • リソースの利活用
  • 社内既存システムとの連携性
  • プリントシステムに依存しない独立性

デモや商品のお問合せはこちら

ご相談・お問い合わせは、
お電話・問い合わせフォームにて
お気軽にご連絡ください。
03-5759-5179